SUZUKIハスラーの簡易ベッドでお昼寝

私の愛車はSUZUKIのハスラー君。

元々遊び心あふれた車なのに、一昨年12月の購入以来通勤以外には使ってません。だからハスラー君で少し遊んでやろうと思って簡易ベッドを設置してお昼寝してみました。

約90㎝×90㎝のベニヤ板があったから真っ二つに切り・・・

90㎝×45㎝の板を2枚用意して角や端を削っておきます。

助手席のヘッドレストを抜き取り座面を引き上げ背もたれを前方に倒します。

助手席側の後部座席のヘッドレストを引き抜き、座面はそのままで背もたれを前方に倒します。そして先ほど用意したベニヤ板を縦に並べ、長さ180㎝の長座布団を敷きます。

「簡易ベッド」とは言え簡単過ぎるでしょ?簡単っていうよりお粗末というほうが正しいし狭いから長期の車中泊なんて無理^^;横方向は狭いけど、身長177㎝の私なら十分手足を伸ばしてヨコになれるから1~2泊程度の車中泊なら可能だと思います。

もっとも今のところ車中泊は真剣に考えてませんがもしもするとしたら室内容積が狭いハスラー。車中泊ともなれば荷物も増えるから車内料理は難易度が高いかな?

ルーフキャリアやリアキャリアを取り付けて荷物の収容容積を増やすって方法もあるけど私の好みじゃないんです^^;

車内料理は簡単のものに留めておいた方がよいでしょう。切って混ぜるだけで済むメニューとかお湯沸かしてレトルトパック温める程度にネ。

それと行った先の地元スーパーで総菜買ったりするのって結構好きなんです(^^♪。よほど辺鄙なトコ行かない限りどこ行ってもコンビニはあるしそれともっと割り切って食事はすべて外食、ってのもアリかも。

同じ軽でも室内容量の大きなワンボックスタイプならそれなりに料理はできるでしょうけどネ^^

容積云々以前に室内高が限られるから火を使うことそのものに不安があります。家のキッチン以外で料理するなら車の中でオッカナビックリ料理するくらいならアウトドアで思いっきり料理したほうが楽しいし^^;

まあ、この先どのように遊ぶか今のところ決めかねてるけど、当分は弁当とかお茶とかお菓子とかをもって好みの場所で食べてお昼寝・・・っていうパターンを楽しみたいと思ってます。

不思議ですネ~。実は私「閉所恐怖症」で狭いとこは苦手でMRIなんか無理。そのくせテントとかカプセルホテルとか車の中は平気どころか大好き^^;

今回は「自宅車庫でお昼寝」という実に味気なく閉塞感満点なのに短時間ですが眠って随分満足できました。とは言ってもこれからは外に出てお昼寝します^^

何しろ渋滞がなくロケーションの良い場所が豊富なのは田舎暮らしのメリットの一つ。気分転換程度の日帰りのドライブでも十分満喫することができます♪

余談ですが「ハスラーのヘッドレストを引き抜くとき固くて抜きにくい」という話を聞いたことがあります。私のハスラー君もそうでした。

そこで最初は潤滑油をスプレーしたのですがずぐに固くなります。そこでシリコンをスプレーしたら問題なくなりなりました。多分、いつかはまた固くなるでしょうがその時はまたシリコンを吹き付けてやればいいだけの話。

海沿いの田舎暮らししてると潮風の影響か車関係だけでなく、あらゆるものの錆び付きが早いからシリコンスプレーは必需品でもあります。

2018-04-04 記