田舎は高齢者になっても自主返納は難しい

石川県警察本部によると昨年一年間で運転免許証を自主返納した人は一昨年よりも267人多い3582人。これは過去最高だそうです。

これは石川県全体の話。能登地区や白山の山間地帯に絞れば返納者の割合は少ないのでは????

高齢者の運転免許証の自主返納が促されてるが・・・

車の運転しなきゃ生活できない><

全国的に高齢者による自動車事故があとを絶たず、「高齢運転=危険」みたいな感じで免許証の自主返納が促されてます。 そのため県内では現在、すべての警察署や庁舎で本人に加えて3親等以内の親族など代理人を通した自主返納が可能となってます。

さらに県内すべての市や町でバスや鉄道など公共の交通機関の定期券購入の助成金を出すなど自主返納後の生活の支援の態勢を整えています。

しかしねェ、能登地区では公共の交通機関が乏しく、特に私が暮らす奥能登では鉄道は存在しません。バスも運行本数が少なすぎて実用性は滅茶苦茶低く、いくら定期券購入のための助成金が出てもほとんど役に立ちません>< だから私の身の回りで運転免許証を自主返納した人なんていませんよ。

商店だけでなく医療機関も減ってきてる状況だから自主返納どころか運転の必要性は増すばかりです。 今車の免許持ってない人は近所の人に乗せてもらったりしてますが、免許証を返納する人が増えたらそれもナカナカ困難になります。車の運転をしない生活なんて考えられません。

公共の交通機関の充実を求めるより「自動運転」の車の実用化の方が現実的かもしれません。交通環境が複雑な都会よりも田舎のほうが実用化しやすいんじゃないかな?

二種類の高齢者マーク

ところで高齢者マークですが二種類みかけますよね。 以前から見かけた・・・

 

いわゆる「もみじマーク」ってやつ。 今ではこのマークもよく見かけます。

もみじマークに対して「四つ葉マーク」。

もみじマークは枯葉をイメージしてしまうため評判が悪く四つ葉マークが登場したそうで、今現在はどちらを使用してもOK。しかしもみじマークはいつまで使用できるかわからないので、今から購入するなら四つ葉マークを選んだ方が無難なようです。

高齢者マークは以前は75歳以上に「表示の努力義務」がありました。現在は70歳以上に引き下げ。年金の支給は逆に60歳から65歳に引き上げられたのにネェ^^;;;

年金云々は別にして高齢者マークは前述の通り「表示の努力義務」。表示するよう努めるようにとされていますが努力義務で表示しなくても罰則にはなりません。

今日の歴史・記念日&色恋の名言・格言・ことわざ

2月28日の歴史・記念日

1972年の今日2月28日は連合赤軍あさま山荘事件で、機動隊が山荘を破壊して隊員が突入しメンバー5人全員を逮捕、人質を救出した日。

事件当時の現場は、平均気温が氷点下15度前後の極寒。当時販売が開始されたばかりの日清食品のカップヌードルが警視庁隊員に配給されカップヌードルを食べる隊員達の姿が、テレビの生放送で報じられました。

それも幾度も大写しされたから同商品の知名度をはイッキにアップ。他県警や報道陣からの注文が相次ぎ、それがまたまた大きく報道されたことで、カップヌードルの売上は爆発的に伸びて一躍ヒット商品になった話は有名ですよネ^^<

色恋の名言・格言・ことわざ

「失恋して痩せることができるのなら、何回でも失恋したいわ。」(コレット:ランスの女性作家)

失恋前の「恋やつれ」なら痩せることがきるかも!?そして失恋してヤケ食いしてサイズアップ><