カミソリ負けの原因、対処そしてカミソリ研ぎ!?

田舎暮らしと都会暮らしとでは環境は多いに違いますが個人個人の日常の習慣はそれほど違いはありません。そのうちの一つが男性の場合髭剃り。

女性もムダ毛の処理は定期的に行うでしょう。私の場合口ひげはありますが、それ以外の髭は毎日剃ってます。それでネ、たまにカミソリ負けすることがあるんですよネ(^^)ゞ

そこでカミソリ負けについてチョイと考えてみたいと思います・・・

カミソリ負けとは

髭を始めとする体毛を剃刀で剃った後の肌に発生する炎症。原因は肌がもともと弱いという場合もありますが、多くは間違ったシェービング方法の場合もあります。

命に係わることはないのですが、男性の多くは毎日髭剃りをするので、悪化しやすく案外厄介なものです

カミソリ負けした時の対処法

冷やす

カミソリ負けは炎症なので必ず冷やしてください。また痒みが出てる場合は絶対に掻いてはいけません。痒みを抑える為にも冷やすのは有効です。

薬用軟膏かボディークリームを塗る

冷やしても症状が治まらないときは薬用軟膏を塗るようにしましょう。治りが早くなるのは言うまでもないのですが、薬用軟膏がない場合もあります。そんな時は低刺激性のスキンクリーム類を塗ってみましょう。

皮膚科で診療を受ける

どうしても炎症が治まらないどころかますます悪化することもあります。そんな場合は早めに皮膚科の診療を受けそれ以上の悪化を防ぎましょう。。

カミソリ負けにならない為のポイント

肌とひげやムダ毛を濡らす

これは当たり前のことなんですが、カミソリ負けをしてしまったときは、この当たり前のことを省いてしまってる場合もあります。また濡らさなくても普段は大丈夫だったりしても体調によってカミソリ負けすることもあります。肌とひげは必ず濡らしましょう。

シェーピング専用アイテムなどを使う

中には固形石鹸やボディシャンプーを使う人もいるのでは?今まで大丈夫だったとしてもこの場合も体調によってカミソリ負けすることもあります。シェービング専用のクリーム・ジェル・フォーム類のアイテムを使いましょう。

逆剃りはなるべく避ける

カミソリ負けは肌に強い負荷がかかって起こることもあります。なるべく毛の流れに沿うようにして、逆剃りは避けましょう。とは言ってもどうして逆剃りが必要な場合は気になる部分だけにしましょう。

清潔なカミソリを使う

いくら使い捨てのカミソリでも毎回使い捨てる人は少ないでしょう。何度か使うことになるのですがその場合、カミソリに雑菌が付着してることがあり、それが原因となってカミソリ負けする可能性もあります。使うたびに、カミソリはよくすすぎましょう。また剃り味の良カミソリを使いましょう。

そうは言ってもカミソリは使ってうちに徐々に剃り味が落ちます。しかも最近の使い捨て安全カミソリは複数枚の刃で値段もバカにならずつい使い続けてしまいます。

また「買い置きがなかった!!」などという場合もあるでしょう。そこで剃り味の落ちたカミソリを甦らせる方法です・・・

剃り味の落ちたカミソリを甦らせる

使い古しで良いので歯ブラシを用意し・・・

カミソリの刃の間を掃除します。

ジーンズを用意います。

カミソリをしたから上へ20回・・・

持ち替えて上から下へ20回研ぎます。

たったこれだけ。それだけで剃り味が蘇ります。

新品同様とは申しませんが実をいうと私、この方法を剃り味が悪くなるたびに繰り返し一つのカートリッジを半年間使い続けたことがあります。

世の中には一年以上の人もいるようですよ^^;