白山、山開き2018

今日から七月。本格的な夏シーズン突入で琴ヶ浜の海もいよいよ「夏色」^^

山開き、山閉め

石川県の霊峰・白山は今日山開き。

ニュース番組・新聞で「山開き」という言葉はよく目にしたり耳にしたりしますが「山閉め」というのは通常は見聞きしません。だから「閉めないんだったら、開く意味ないヤン!?」などと思ってましたがよく調べると閉山祭というのが存在するそうです。

まあ、開山祭(要するに山開き)は「登山客を呼び込む」という目的もあるからほとんどの山で執り行われるのですが閉山祭は省略してる山が多いようです。

閉山祭が行われる有名どころでは富士山閉山祭・月山神社本宮閉山祭・大峯山寺戸閉式・立山雄山閉山祭り・谷川岳閉山式・三峯神社奥宮山閉式・湯殿山閉山祭・那須岳閉山祭・男体山登拝終了感謝祭・上高地閉山祭などがあります。

で、白山はというと開山祭は前述のとおり例年7月1日。それに対して閉山祭は例年8月31日に行われます。ちなみにお隣、富山県の立山の開山祭は白山と同じく例年7月1日でで閉山祭は白山より一か月遅れの9月30日に行われます。

それと山開きに対して海開きっていうものもありますよね。能登でも7月中旬ごろから各海水浴場で海開きが行われます。

それに対する「海閉め」とか「海終い」といった意味合いの祭事はないみたいです。いやひょっとしたら地域によっては海終いの祭事はあるのかもしれませんが閉山祭ほど表面化しません。海にも神様はいるんですけどネ^^;

ワタツミ(綿津見神)・オオワタツミ(大綿津見神)・スミノエ(住吉神)・スミノエノオオミカミ(住吉大神)・ユラヒメ(由良比女命)といった神々が信仰されてます。海外でもギリシャ神話のポセイドン、ローマ神話のネプトゥーヌス(英語読みでネプチューン)が有名。

で、ここから先は私の勝手な解釈(^^)ゞ日本では山の場合、山そのものが信仰の対象になるから山開きはもちろん閉山の祭事も行われるのではないかな?それに対して海の場合、海そのものが信仰の対象になってないから祭事を厳密に考えてないのかもしれません。

しかし海の場合は海を司る神様に対する祭事は全国各地で執り行われてるわけだから決して海を軽視てるワケではないのが見て取れます^ ^

2018-07-01 記