一人暮らしで感じる実家のありがたさ

あなたは一人暮らしですか?いつ頃から一人暮らしをはじめましたか?人それぞれと思いますが多くの方は大学入学とか社会人になったときでしょう。

実家で家族と暮らしてるときは実家のありがたみを感じることってなかなかないですよね。それは仕方ないことでしょう。なにかと口うるさい親や時々邪魔に感じる兄弟姉妹。本気でイライラして「こんな家飛び出して一人で暮らしたい!」なんて思うことたびたび。

で、念願かなっていざ一人暮らしをしてみると家族がいない一人で暮らすことがこんなに大変だったんだ…と感じることが多いかと思います。

それに一人暮らしを始めるタイミングは先ほども申した通り大学生活とか社会人生活とかの新生活が始まるタイミングである場合が多い。慣れない新しい環境での生活と帰ってから誰もいないという生活の二つの要因で、しっかりホームシックになってしまう人も多いです。

そこで今回は、一人暮らしをはじめた皆さんが実家のありがたみを感じた瞬間はいつか?と、いうことを調べてみました。

実家のありがたみを感じるとき

1.食事作りに一苦労

実家をありがたく感じるときの一番の要因は食事に関わることじゃないでしょうか?実家で家族と暮らしていた時は食事の時間になったらお母さんがご飯をを作ってくれた自分はそれを食べるだけ。後片付けもお母さんが当然のごとくしてくれて、自分は何もしない。もしくはせいぜい自分が使った食器を流しに運ぶだけ。

時々メニューにケチつけたり味付けに文句言ったりして^^;全くもってワガママ放題が当たり前みたい^^;;;;;

しかしいざ一人暮らしとなると、食事作りそのものはもちろんのこと、食材の買い物から食後の後片付けまで、全部自分でやるしかありません。調味料を揃えるのがとても大変だったり材料も一度に使いきれなくて腐らせてしまったり・・・

その結果外食するより高くついてしまったりすることはよくあることです。そんな時って金銭問題もさることながら母親の味が恋しくなることもあるでしょう。

生きていく上で食事は毎日三回(二回とか一回の人もいますが)毎日当たり前のように出てきたご飯が当たり前じゃなくなってしまって、実家のありがたみを感じる人は多いようですね。

2.朝寝坊しがち

実家ではまあ、とりあえず目覚ましもセットしたりはしますよね?でも起きられないこともしばしば。しかしいざとなったらお母さんが起こしにきてくれます。

そのおかげで朝寝坊で遅刻せずに済んだ人って多いんじゃないかな?しかし一人暮らしをはじめて目覚ましをセットしても止めてしまって二度寝に突入。おこしに来てくれるひとがいないのはいうまでもありません。気が付きゃ昼だった!という経験、だれしもあるのでは?

苦し紛れに母親、場合によっては彼女や彼氏にモーニングコールをお願いしても毎日となるとさすがに気が引けますよね

3.洗濯物をためてしまう

洗濯機がるから洗濯って簡単なようにおもうけど案外面倒くさいものです。今日は雨だし明日でいいかとか疲れてるから明日にしようとかを繰り返してるうちに気がつきゃ籠が洗濯物で山盛り状態。

で、慌てて洗濯。洗濯機に洗濯物放り込んで洗剤セットすればあとは自動。「ハハハ、洗濯なんて楽勝」とおもっても、そのあと干すのが面倒。取り込んでたたむのはもっと面倒。その結果干しっぱなしのひと多いんじゃないかな?

アイロンがけなんかも面倒くさいよね?食事作りで苦労することは事前に何となく想像できても洗濯が結構大変ということを想像する人はそんなに多くないようです。

でも実際やってみると、やることが意外と多くてウンザリするよね。そんなときなんかもそれを全部こなしていたお母さんのありがたさを感じます。

4.お母さんからの荷物がうれしい

一人で暮らして生活してるとお母さんから届くたくさんの生活用品が楽しみになっている人は多いのではないでしょうか?

一人暮らしだと実家で暮らしてた頃には考えもしなかったことに色々お金がかかってしまうことを実感します。そんなときさりげなく消耗品を送ってくれたりするのもお母さん。手紙がそえてあったりしたら、もうそれだけでも実家が恋しくなるものです。

5.掃除、整理整頓ができない

掃除や整理整頓が苦手な一人暮らしの人も多いですよね。私なんかは実家にいたころから料理やその後片付けはしてたけど、掃除はロクにしたことがなかったです^^;

実家で暮らしてた時、自分の部屋があまりにもひどい状態になると母親が強行突入にして掃除したもんです。しかし一人暮らしになるとその強行突入する人がいないから汚れ放題散らかり放題^^;;;;;

料理できなきゃ外食とかコンビニとかスーパーの総菜で済ませりゃいいわけだし、洗濯ものが溜まればクリーニングって方法もあるけど掃除となると、プロの掃除屋さんやハウスクリーニング業者は案外お金がかかるから二の足、三の足。

そりゃもひどいもんで、個人的には実家のありがたさを一番痛感したのは汚れ放題散らかり放題の部屋にしてしまった時でした(^^)ゞ

実家のありがたさとは・・・

一人暮らしをしてる人のお多くは実家のありがたみをたびたび感じることでしょう。それも上記のようにお母さんの存在がありがたい場合が圧倒的に多いです。

お父さんや兄弟姉妹が大切なのはもちろんですしかし毎日の生活の中で実家のありがたみと言えばお母さんのありがたみになるのは仕方ないことでしょう。

ちなみに私の場合も初めて人暮らしを始めたときは母親の存在がありがたく感じました。月日が流れてもその気持ちに変わりなったです。しかしそれと同時に徐々の父親の存在が気持ちの中で大きくなってきたんですよね。

やはりなんだかんだ言っても父親の存在は大きいです。離れてみてわたるありがたさって感じです。

恋人なんかもそうじゃないですか?付き合ってた頃は喧嘩もしたりしてイヤになって別れたけど、それからありがたみがヒシヒシとわいてきた経験がる人もいるでしょう。

そうそう・・・私は田舎暮らしを始めてから都会のありがたみを感じましたネ(^^)ゞ